アーカイブ: 2017年4月

あいち伝統野菜「愛知早生フキ」②

パーマリンク 2017/04/30 22:39:13 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

あいち伝統野菜「愛知早生フキ」②

昨晩から根っこを描き始め、今日の午前中でなんとか描いたのは良かったが、ある規則性に気が付いた。

フキの根っこは、中心から地下茎は星形(☆)のように伸びていて、その先から葉っぱが出てくる。

その先から出る葉っぱが、必ず2本ずつなのだ。
キミ子方式に則って、根っこから描いたならすぐに気が付いたに違いない。

ということは、俺は葉っぱを3枚しか描いていないので・・・・。

そう、もう1一枚描かねばならない!!!
ああ、いやだな~。


気分転換に、隣家との境の草むしりをした。


夕食後は、合体大作戦だ!!

そう、葉っぱと根っこ、そしてその間の茎の三身合体で~す。


まだ、表面上の合体なので違和感がありますね~。

綺麗に合体が出来たなら、あと1枚の葉っぱに取り掛かれるぞ。

今日は、つかれたので、これで終わり。


あいち伝統野菜「愛知早生フキ」

パーマリンク 2017/04/28 23:36:00 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

今回のあいち伝統野菜「愛知早生フキ」はいただいてから、1時間過ぎには葉っぱが萎れはじめた。

キミ子方式では植物は成長の順に描くと決まっているのだが・・・

やむを得ず葉っぱを描こう!

翌日には、若葉は完全にぐったりと萎れてしまったので、中央のまだなんとか大丈夫そうなものだけでもと思うが、翌日にはさらに萎れが進んできてどうしたらよいものか???

偶然、ボタニカルアート(植物画)を描く人と会話の中でヒントをもらった。

植物が水を吸いあげるのを楽にできるようにすれば萎れるのが遅くなる。
ということは、葉っぱと水の距離を近くすることだ!
そしてこうしたらかなり戻った!


こつこつと描き進んでやっと葉っぱ3枚。

大きな葉っぱを描くのがこんなに大変とは思わなかった~~~。

ちっとも納得できるようにならないのだ。
やっはり光っているところの「白色」が変だな~~。
どうしたものか????




あいち伝統野菜「ファーストトマト」と「八名丸里芋」

パーマリンク 2017/04/26 21:17:48 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

先日、豊橋のトマト農家の小柳津さんから、「頼まれていたファーストトマトが、何とかできたよ! 今回は、ちゃんとトマトの先がとんがっているからね。」と連絡をいただいていた。

展示会があったので休みでも伺うことが出来ず、今日お邪魔しに行ってきた。

昨年は、本来の時期からずれての栽培になったため、ファーストトマトの特徴である先がとんがる形にならなかったので、再度無理なお願いをしていたのだった。

しかしまだ先に「フキ」の絵も完成させねばならないので、困ったな~って思っていた。

それを見越したように、「まだこの状態で1~2週間は大丈夫。トマトに色がついてくるけどね! それよりまだ日にちがかかりそうなら天辺の茎を切って次のトマトができるのを待てばいいよ~。」となんとも嬉しい助け舟を出してくれた小柳津さんでした




つぎにお邪魔したのが、豊橋の北の新城市。

ここ新城市はあいち伝統野菜「八名丸里芋」の産地です。

一昨年の秋に八名丸里芋の部会長さんからいただき、芋の部分だけ描いてそのままになっていたのが、今年の春先にやっと茎と葉っぱを描いて完成。

先週の展示会になんとか出品でき、そして今日、その絵を持って部会長宅を訪問。

生憎、会長さんはお出かけでしたが、奥様がお見えになったので、今までに経緯を説明して絵を受け取っていただきました。


逆に奥様からお礼として、超特別なお米をいただいてしまいました。

それは、昨年愛知県の代表として会長さんが生産し天皇陛下に謙譲したお米のおすそ分けでした。 
昨年は三笠宮が亡くなられて喪中であった為、直接天皇皇后両陛下にお目にかかることが出来ずにとても残念でしたと奥様がおっしゃていました。

しっかり味わっていただきたいと思います。ご馳走さまでした。



展示会最終日

パーマリンク 2017/04/24 03:50:56 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

開催期間中(6日間)で約900名もの多くの入場者があり、とっても感謝!感謝!です。

展示会をやる度に思うこと「やって良かった~。」

私を含めて生徒さんたちが本当に何年ぶり、ともすると数十年ぶりの再会がありお互いに感激!!。

また、新しい出会いもありこれからの人生がより豊かになるかな~って。

そうなんです。描いた絵を見てもらえることより嬉しい!

そのお手伝いをさせてもらっていることが続けよう、頑張ろうって思わせてくれます。


今日の無料体験のモデルは、何と「うるめ丸干し」。

というのは過去の無料体験で「色つくり」「モヤシ」や「イチゴ」も描いたから是非、別のが描きたいという常連のお友達が多く参加されたからです。

また生徒の中でこのモデルを描いたことが無い人やもう一度描きたいという人も参加しました。


いつも展示会終了時にドタバタして、絵を外した後の集合写真になってしまう、今回早めに撮ったので絵がある集合写真になって良かった。

しかしこの後、多くの生徒さんが絵を引き取りに来てくれたので、片付けを始める直前に撮ったほうがベストだったかなぁ~と反省しきりです。

いよいよ来年は、第10回と節目の年になります。
さあ頑張ろう~~~。

展示会5日目

パーマリンク 2017/04/23 01:54:35 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

展示会5日目

今日、土曜日と明日、日曜日は、キミ子方式の無料体験が午前・午後の2回行われます。

キミ子方式の説明をしたあと、今日のモデル「モヤシ」の登場です。

みなさんモデルが「モヤシ」と聞いて一応に驚かれます。

キミ子方式では、「モヤシ」は植物の代表としてとても重要な存在となっていることをお話してから、スタートです。

いつもの一袋、数十円のモヤシが、今日は1本のモヤシと真剣に向かい合います。

根っこ・茎・葉っぱと成長の順に描き進めます。

なんとか描き終えたモヤシの絵が良く見えるよう構図を決めてからカットし、グレー色画用紙に貼り付けます。

それを見たみなさんの声「わ~何て素敵なモヤシの絵なのでしょう!」


絵の苦手なひとでも絵が描けてしまうキミ子方式を知っていただいてありがとうございました。
みなさんお疲れ様~。



展示会3日目

パーマリンク 2017/04/20 22:44:24 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

昨日の入場者数162名、今日は168名とか。

今日もお昼休みに行きました。

ちょうど小学校の同級生の女性たちが来てくれていて会えて良かった~。
真ん中のふたりが、1年3ヶ月前から生徒になってくれています。
それぞれが描いた夕焼けのススキの前で。


私の母(左端)の学生時代のお友達も来てくれたので、母が描いたワインの前で記念撮影です。
小学校?中学校?どの時代のお友達か聞きそびれました。

みなさんまだまだ元気ですね~。



展示会2日目

パーマリンク 2017/04/19 21:41:37 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

展示会初日の昨日は、125名もの入場者があったそうです。

今日、仕事のお昼休みに会場へ行ったところ、思ったより大勢のお客様がみえてとても嬉しかった。

そんな中、最高齢91歳の生徒さんとお友達の記念写真が撮れました。
一番右の人が生徒さんです。

義援金ハガキもボチボチ購入していただけています。

昨年好評だった粘土細工をまた出して展示しました。


また、明日もお昼休みに顔を出す予定です。



第9回キミ子方式なごや:わたしにも描けました展

パーマリンク 2017/04/19 04:30:39 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

第9回キミ子方式なごや:わたしにも描けました展が、始まりました。

場所は、名古屋の栄 中日ビル東の中区役所ビル7階
名古屋市民ギャラリー第4展示室です。

多くのご来場者を心よりお待ちしております。

あいち伝統野菜「愛知早生フキ」

パーマリンク 2017/04/17 22:08:21 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

次なるあいち伝統野菜は、「愛知早生フキ」です。

前回、玉ねぎでお世話になったJAあいち知多農協の竹内さんから、フキの担当者:加藤さんに話しを繋いでいただきました。

先日その加藤さんから、「愛知早生フキ」の生産者:坂野さんをご紹介いただき、今朝、待ち合わせをしてフキ畑へ伺いました。

なんでもフキは、種子で増やすのではなく、里芋のように出来た子株で増やすということでした。

下の写真は、生産者:坂野さんと子株を増やす為のフキ畑です。



出荷用の畑は、病害虫や風雨をしのぐためにハウスの中と聞き、びっくり!!

出荷直前のフキは、背丈が高いので描きにくいだろうと生育途中のフキを掘り出してくださる心優しい坂野さんです。


しかし考えてみれば、描くのはやはり成長した野菜でなければ、との私のわがままを聞き入れて、別のハウスで出荷直前のフキをもうひと株掘り起こしてくれました。
本当にご無理ばかり申し上げてすみません。




根元をビニール袋に包み、急いで約1時間で帰宅しました。
ところが車から出してびっくり!です。
もう葉っぱが萎れかけているではありませんか!
特に、成長途中の若い株のほうは、完全にぐったりです。



もう一方の出荷状態の株は、まだ大丈夫のようですが脇の小さな葉は萎れていて、こちらもどうやら時間の問題のように思えます。



一か八かで、根っこの入ったビニール袋の中に水を入れてみました。
切り花が、水上げしてシャキっとなるように、フキもピンとなってくれると嬉しいのですが・・・。

明日の朝、どうなっているのか????


元気になってくれていると嬉しいのですが、駄目ならその旨を生産者の坂野さんにお伝えして、後日、現地で絵を描かせて欲しいとお願いしなければ・・・・。






桜を描こう!

パーマリンク 2017/04/08 17:22:28 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

今日は、キミ子方式なごやの教室で「桜を描こう!」をやるぞ!って決めていた。

もちろん屋外で、場所は桜の名所でもある名城公園の一角。

ところがお天気が問題、一昨日から曇りや雨で、今日も。

雨天決行と案内状に書いたものの、本当に雨なら誰も来てくれないかも???


午前中は、何とかもちそうの予報に、嬉しいことに6名の参加者あり。

能楽堂の裏手、軒下で何とか雨宿りができる場所の許可をいただいた。


午後から一時小雨が降ったものの、5名の参加者。

皆さん、桜の花を描いている途中で時間切れになってしまったので、次回5月の教室で続きを行うことにしました。

今回は、昨年参加したひとには、様々な色画用紙に描いてもらっています。


どんな桜の絵が出来上がるかお楽しみに~。



春を満喫

パーマリンク 2017/04/02 21:35:05 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

まずは、自宅前の淡墨桜。
一気に、8分咲きです!


足を止めてじっと見ていくひと、立ち止って写真を撮るひと、わざわざ自転車からおりて写真を撮るひとなど、ちょっとだけ早い満開の桜を楽しんでくれています。






午前中のんびり自宅で過ごしたあと、あまりの良い天気にドライブに出かけようと。
先日、中日新聞に足助のカタクリ満開の記事が載っていたことを思い出した。

そこは2年前、岐阜に蕎麦を食べに行った帰り道で「カタクリ」の文字を見つけたところ。
武芸川町?かな?
自宅から、車で1時間半。

到着したものの臨時駐車場に車なし。
ちょっと心配しながらその場所を目指した。

ちらほらと見つけたのが、まだ小さいカタクリの蕾。
やっぱりちょっと早かったか?
少し進んで行くと、やっと一輪のうす紫色のカタクリの花に会えた。

先を行く女房から「こっちは蕾も沢山あるし、かなり咲いているよ!」
「本当だ! 来週なら満開だよ!」
「ここのカタクリは3人姉妹みたい!」



のんびり写真を撮っているうちに、同じようにカタクリを見に来た人たちが増えてきました。
赤いバックを持っているのは、女房です。
カタクリの蕾がいっぱいあるのがわかるでしょ!
来週は、本当に見頃だと思いますよ~~~。


春を満喫できた今日でした。

2017年4月
 << < 現在> >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

キミ子方式では、赤・青・黄色の三原色と白色を混ぜて絵を描きます。 リンカク線で下書きしません。 描き始めの一点を決めてとなりとなりと描きます。 紙が足りなくなったら足し、余れば切り取って完成します。

検索

XMLフィード

16ブログ     multiple blogs