ページ: << 1 ... 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 >>

粘土細工

パーマリンク 2011/06/22 00:33:44 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

キミ子方式には、三原色で描く水彩画の他に、粘土細工のカリキュラムもあります。
しかしながら、私は粘土細工を学んだことがありませんでした。

知り合ったキミ子方式18年の豊明市の坪井先生に、昨年の秋、カボチャを教えていただきました。
教室で実際に生徒の皆さんに、作っていただいたところ、大好評!!!

もっと粘土細工やりた~い!の声も。

その坪井先生に今日再び、教えていただいたのは、念願だった「ウサギ」です!
ウサギは昨年末に干支のモデルとしてお借りした「ハナちゃん」。

先生はご自分で作られたウサギと本を持参してくださいました。
カボチャと同様、今回も母と一緒です。

いよいよ粘土で作るウサギの始まり~始まり~。


最初に作るのは、前足2つ。
ここからキミ子方式のとなりとなりと粘土を付けていきます。

前足から胸へ、胴からお尻へ、それからシッポ、そしてやっと頭、最後にお耳を付けます。

朝10時からお昼をはさんで夕方6時まで、途中で休憩をしましたが、先生にみっちり、しっかり教えていただきました。


おかげさまで、お陰様で。

はい! 出来ました!  それも満足できる出来栄え!

パーマリンク 2011/06/16 00:16:52 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

昨日、6月25日特別講座「日間賀島で魚を描こう。」の下見に行って来ました。

いままでに2回この企画を実施して「アジ」と「カサゴ」を描いているので、今回は「漁村の風景」のスケッチでもいいな~と思っての下見でした。

しかし島の周りをぐるっとゆっくり歩いてみましたが、思うような場所がありません。
やっぱり今回も魚を描くことになりそうです。

昼食をしたあと、時間があったのでのんびりと海釣りを2時間ほど楽しみました。

成果は、10センチ弱の細いアジ?とオレンジ色のユメカサゴ?のみ。

今日その綺麗なユメカサゴの絵を描こうと背びれを広げて形を整えていたところ、背びれが人差し指にちょっと刺さった!

イテッ!

うっ! 何だこの痛み! 

いままでに感じたことのない強烈な痛みとしびれが人指し指を走る!

親指、中指、手のひらまでもしびれてきた!!!!

やばい!  ひょっとしてオコゼか?

慌ててネットで画像検索、間違いない「オコゼ」だ!

オコゼの毒は猛毒でハブの30倍とも書いてある! ちょっと待てよ~。

ますます痛い!しびれる!

血を絞り出すが痛みやしびれは止まらない。

ネットには、毒を絞り出したら、火傷しない程度の熱い湯に患部を付けろとある。

訳は分からないが、湯を沸かして指を突っ込む。「熱い~。こりゃたまらん。」

痛い! しびれる! 熱い! 

患部が紫色になってる、大丈夫かな~?

救急病院へ行け!とも書いてあるぞ、どうする???

熱い! 熱い! といいながら20分ほどすると、少しずつ痛み、しびれが収まってきた。

何とか病院に行かなくても済みそうだ。

2時間過ぎた今でもしびれが残っている。

あまりに悔しかったから、虫ピンで綺麗に背びれを伸ばして写真を撮ってやった。

出来たらいつかは描いてやっつけたい!と思った。

ワインのビン

パーマリンク 2011/06/05 23:54:47 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

キミ子方式では、人工物のモデルの一つに「コップ」や「ビン」があります。

昔、むかしに「コップ」は独学で描いたことがあるが、出来栄えは50点くらい。

昨年の教え方セミナーで「ワインのビン」講座があったので、意気込んで参加!
人工物だから定規を使ってでもきちんとした図面(スケッチ)を描かねばならない。
そのくらいはまかせとき~!
といったものの、描いては消し描いては消しの繰り返し。

京子先生から「この線も違ってる!」としっかり言われる。

丸一日の講座で「色の付いたワインのビン」が完成する予定が、スケッチさえ完成しない。 ショック!!!
名古屋に帰ってきてもそのままほかってある。 問題だ!

そんな私が今年生徒にワインのビンを描かせようと企んでいる。 自信???   今はない! これからつけます!

ともあれモデルのワインのビンが必要と、下戸の私は、同じフロアーにあるワイン売り場の美人のソムリエさんにお願いした。

今日も2本頂きました。 ありがとうございます。

まずは、素敵なソムリエさんに見せれるような絵を自分自身が描かねば・・・ 

???いつ描き始める???????? 

親子展

パーマリンク 2011/05/29 22:41:39 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

私は、キミ子方式講師の資格を通信講座で取得しましたが、初級・中級の終わりに「誰かに教えて」というカリキュラムがありました。

その誰かには、今まで絵筆を持ったことのない「母」に白羽の矢を立てました。

初級では「色作り」を、中級では「筍」を描いてもらい玄関に飾ったところから、この「キミ子方式なごや」が始まることになったのでした。

その母が今年かぞえ80歳を迎えます。

何か自分なりのお祝いがしたいものだと考えた挙句、誕生日近くの9月上旬に「親子展」を開催することにしました。

会場は、西区那古野一丁目にある「四間道ギャラリー」です。

今、母はその展示会に出品する作品を、コツコツと描き始めています。

嫌がるかな?と心配していましたが、満更でもない様子にホッとしている今日この頃です。

絵が描けるひと

パーマリンク 2011/05/19 08:12:41 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

「やっぱりわたしは自由に描きたい!」と絵が描ける彼女のことばでした。

自由に描けるなんて、とても羨ましい~。

キミ子方式の松本キミ子先生は 絵は「自由に描く」のではなく「自由になるために描く」といってます。

彼女はもうすでに自由を手に入れていました!

キミ子方式なごや5月教室

パーマリンク 2011/05/16 01:20:46 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

やはり私はアウトローのようで、2年目春の草花、3年目ワインのビンの予定を勝ってに「そら豆」に変更してしまいました。
どうもスミマセン。

今回は、美術が好きな若い女性チィーチャンが飛び込み参加してくれました。
好きなように描きたいと言う彼女をに、無理やりキミ子方式を体験してもらったのですが、果たして彼女はどう思ったのかどう感じたのか心配です。

明日会ったら正直な気持ちを聞いてみようと思ってます。

キミ子方式教え方セミナーに参加!

パーマリンク 2011/05/04 22:49:44 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

今回の教え方セミナーでは、4月29日~5月1日の3日間のうち初日に「ぺんで描く春の草花」、2日目に「サンマを描こう」、3日目に「春野菜を描いて構図の取り方の大切さを知ろう」でした。

わたしは仕事の都合で2日目からの参加でした。

一郎先生から細かくしっかりとサンマの描き方を教えてもらった後、みんなで描きました。
頭からエラの部分がとても重要でここが描けたら80%完成です。 
胴体の部分はわたしを含めてほとんどの人が「もっと長く長く。」と言われ長くしましたが、結果はオーライでした。

春野菜はラディッシュ・たらの芽・ふきのとうの3種、私はラディッシュ。
描いた画用紙をグルグル回して構図を決めます。

新年度

パーマリンク 2011/04/11 09:53:06 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

4月9日(土)いよいよ新年度の教室が始まりました。
まず初めは幅下コミュニティセンター午前の中級教室です。

年間カリキュラムからすると「スケッチ」になるのですが、ズ~っと後回しにしてきた「髪の毛」です。
後回しにしてきた理由???  もちろん 自分のが少ないから!

心配した通り、ちょっと上手く教えられなかったなぁ。


午後は初級、友人の紹介で来られた初めての人も一人加わって7人で。
6人は以前に「色作り」をやっているので、今回は同じ色つくりでも「マフラー」に挑戦しました。

はじめはどうなるのかと思いましたが、結果オーライ!

その写真がアップできるといいのですが・・・今夜頑張ってみますね。
では、お楽しみに。

感謝! 感謝!

パーマリンク 2011/03/27 09:06:44 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

あれほど出来なかったホームページへの書き込みと写真のアップが、昨晩親友の改めての指導のもと、無事に完了できました。

嬉しくて展示会で人気のあった「自転車のある風景」の絵11点すべてをホームページのトップにつけてしまいました。
本来ならトップには1点ぐらいで、後の作品はこのブログか、個人の作品集に入れるのが普通なのでしょうね。

今日は今まで溜まった疲れを癒すため、そしてこれからのエネルギーを充電するために、のんびり温泉としっかり焼肉を楽しみたいと思っています。

いざ9時15分に出発!

わたしにも描けました展無事終了いたしました。

パーマリンク 2011/03/20 22:16:43 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

3月17日(木)~20日(日)の4日間 あっという間でした。
芳名録に記帳していただいたひと 120名、 見ていただいたひと300名以上。
無料体験講座に参加してくれたひと 40名

「自転車のある風景」の絵 壁面1列の11点は、それぞれの趣があって圧巻! 大人気でした!
ホームページかブログにその絵をアップしたいのですが、今の私にはその力が無く、親友の応援を待つばかりです。
それまでお待ちくださいね!

また昨日は豊明から、今日は京都からキミ子方式講師をなさっている先生方も来場してくださり感激!!

でも一番嬉しいのは、体験教室で描かれたひとが、「わたしにも描けたわ!」と喜んでくださった時です。
今回も、難しいからやめたほうがいいといわれた、イチゴを描いてもらいました。

正直いって、クタクタです。
でも良かった! 楽しかった!

さあ来月から新年度! 新たな気持ちでスタートするぞ!

<< 1 ... 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 >>

2018年12月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

キミ子方式では、赤・青・黄色の三原色と白色を混ぜて絵を描きます。 リンカク線で下書きしません。 描き始めの一点を決めてとなりとなりと描きます。 紙が足りなくなったら足し、余れば切り取って完成します。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution