ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 68 >>

8月教室の様子

パーマリンク 2017/08/23 22:33:50 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

8月12日(土)幅下教室 中級
午前中は、豪雨と雷の最悪のお天気でした。
にもかかわらず、4名の熱心な生徒さんが来て下さいました。

今回は、先月描いたゴーヤの実に茎と葉っぱを描きいれることです。

母の行きつけの美容院にお願いをして、お店の前に日よけとして栽培されているゴーヤの実を茎付き、葉っぱ付きで頂きました。

やっぱり想像ではかけませんからね~。


午後は初級なので、描きやすいモデルとして探し回って手に入れたきれいに色付いた「ヨウシュヤマゴボウ」とスーパーで購入した「巨峰」を用意しました。


しかし、描いてから食べられることを見越してか「巨峰」の方が人気でした。
また、午前中の豪雨をさけた中級のひとも来てくれました。




8月18日(金)資料館教室 初級
このときも雨天でした。
雨天らしく「露草」を描きました。


2回目のひとには、ヤブカラシの花の部分を描いてもらいました。
となりとなりの描き方がよく分かったそうです。



8月19日(土)午前初級
モデルは、巨峰。
しかし思ったより早く描けたので、緑色のブドウ(輸入)も描き加えました。


午後は、岐阜教室です。
こちらでも、モデルは巨峰です。
大粒が好きなようですね~。




幻のあいち伝統野菜を入手!!

パーマリンク 2017/08/12 00:34:35 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

ここ数年、絵のテーマとしている「あいち伝統野菜」は、35品目ある。

みなさんのご協力をいろいろ頂いたお陰で、何とか28品目を描くことが出来た。

残すところ7品目のうち2品目は、生産者が分かっている。

4品目は、やむを得ず種子を種苗会社から入手して、プランター栽培できるかもしれないものは自分でチャレンジ。これが失敗もあるから、来年再チャレンジ。

自分での栽培は無理そうなものについては親戚にお願いもしている。


さて、残す1品目。

それが「渥美アールスメロン」。

どの種苗会社に聞いても、農業試験場も、JAあいちも。

やっと見つけた、以前は作っていたという渥美農業高校も「その種子はもう無い。」という。

今出回っているアールスメロンは、より甘く、より大きく、より日持ちがするように渥美アールスメロンを品種改良されたF1もので、その種子で育てても同じメロンは出来ないようになっているのだ。


とても残念だがもう諦めるしかなかった。

そこで、せめて今出回っているアールスメロンの根っこ付きで入手したいと思い、JAさんにお願いをしたが良い返事はいただけなかった。

私は、先月渥美半島へ出かけた。

目指すは、観光メロン農園。

運良くある観光メロン農園の社長が了解してくれて、根っこ付きでメロンを1株頂くことができて、感激した。



その後、驚くべきことがあった。

なんと昔ながらの「渥美アールスメロン」を作っているひとに奇跡的に偶然会えたのだ。

そのメロン生産者は、温室の中のひと畝だけだが毎年種を採って栽培しているそうなので、探していた幻の「渥美アールスメロン」に間違いない!

事情を話しご無理を言って、その温室までお邪魔し渥美アールスメロンを根っこ付きで、1株分けていただくことができた!!!!




そして少しずつ描き進めて、やっと完成近くになった。

「青大きゅうり」の絵、お嫁に行く!

パーマリンク 2017/07/22 22:57:36 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

一昨年、私が青大きゅうりを探していることを知ってわざわざ栽培してくださった飯田さん。

昨日、やっと絵が完成したことを話したところ、お近くの喫茶店での待ち合わせとなった。

私は作っていることを連絡していたのだが、気になって今年も栽培してくれていたそうで感激した。

伺うまでの時間に、ご自分の畑で作っておられる珍しい野菜を取ってきてくださっていた。

ささげ(華厳の滝)、ビーツ、アメリカのナス、ミャンマーのナス、中国の長きゅうり、菊メロンなどなど。

感謝!感謝!


[

パーマリンク 2017/07/22 22:41:59 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

あいち伝統野菜「青大きゅうり」

パーマリンク 2017/07/16 23:05:35 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

あいち伝統野菜「青大きゅうり」の絵がやっと描き上がりました。

2本目に収穫できたきゅうりは、昨年描いたものと同じようにほぼ真っ直ぐだったので、じっくりと比べてみました。

すると新たな発見がありました。

それはこの採りたてきゅうりにはちゃんとイボイボがあり、その色は真っ白でちょっと触ると取れてしまうのです。

また、きゅうりの下部には黄色い花が咲いた跡がまだ付いていました。
そういえば、昨年いただいたときには付いていたがすぐ取れてしまった覚えがあります。

この2点については、ちゃんと絵に描き加えました。

これで、昨年お世話になった一宮の飯田さんに絵をプレゼントすることができるようになりました。


飯田さん、近いうちに伺いますね~。


キミ子方式なごや 幅下教室7月(初級) 岐阜教室

パーマリンク 2017/07/15 20:42:41 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

幅下教室、岐阜教室ともに、カット絵にチャレンジです。
輪郭を描かないのがキミ子方式ですが、人工物やカット絵では輪郭を描きます。

今日のモデルは、お菓子、各自、好きな食べたいお菓子を選びます。
描き方は、モデルの中心にある文字をひとつ描いてから左右の文字、上下の文字ととなりとなりへと描き進めます。
記号やマークがあったらそれも描きます。

最後にお菓子全体の輪郭を描いて完成!!!

しかし今日は、そのカット絵に淡く色付けをしました。

みなさん初めてのことで緊張しながら描いています。

ご主人は、抹茶チョコレートで、奥様は、のど飴とガムでを描きました。

こちらは、ちょっと時間がかかりました。 ポテトとガーナチョコです。

岐阜教室では、子供たちはお菓子のモデルを、大人はカボチャを描きました。
このくらい大きなお菓子だったらいいのになぁ~って子供たち。


昨年との融合

パーマリンク 2017/07/13 23:45:42 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

我が家の今晩の夕食

パーマリンク 2017/07/13 20:37:54 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

我が家の今晩の夕食は、何と!!!
あいち伝統野菜3品の共演です。


①我が家の屋上プランターで収穫した「青大きゅうり」

②先日根っこの描き直しをした「知多3号たまねぎ」

③昨年は種子を取るために食べられなかった「まつな」


今日は私がお休みでしたので、久々に夕食を作りました。
折角なので、あいち伝統野菜3品を使おうと色々調べての挑戦です。
果たしてどんな料理が出来たのでしょうか???

ジャジャ~ン!
佐藤家の夕食で~す。

青大きゅうりは、皮を剥き種を取りスライスして鶏肉とのにんにく炒めに。

知多3号たまねぎは、辛みが少なく甘いのでサラダに。

まつなは、さっと湯がいてたまねぎサラダの彩りに。

右上のこんにゃくの赤味噌煮は祖母のお得意料理。


お味の方は、何とか女房からOK!を貰えました~~~。


あいち伝統野菜「青大きゅうり」

パーマリンク 2017/07/11 23:21:33 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

このあいち伝統野菜「青大きゅうり」は、生産者が見つからずに困っていたとき、私が探していることを知った種苗会社の顧問のひとが、ご自分の畑でわざわざ栽培してくれていたのです。

連絡をいただいた時には、飛び上がるほど感激!!!
早速お邪魔して青大きゅうりを受け取り、絵を描き始めたのはよかったが、描けたのはきゅうり本体だけ。
茎や葉っぱはすぐに萎れてしまいそのままに。
申し訳ないので、本体しか描けなかった旨は生産者にお伝えした。

そして今年。
こうなったら自分で栽培するしかないな~。
種子を種苗会社から入手して、野菜栽培用の大きいプランターを購入。
種まきから始めたが、ちょっと大きくなったと思ったら葉っぱが黄色っぽくなり「べト病」にかかった。
1500円もする薬剤を購入して数回散布。
心配したが何とか持ち直した。

先ほど、最初の1本を収穫した。
生産者に似るとはよく言ったもので、わたしの根性と一緒でひどく曲がっている。

次のものは、素直にまっすぐに育ってくれそうで嬉しい~。

明後日、私が休みなのでこの収穫した青大きゅうりを使って料理を・・と考えている。果たしてどんな料理?ができるやら????


実は、まだ他に栽培し始めている伝統野菜もあるのだ。
お楽しみに~~~。


キミ子方式なごや 幅下教室7月

パーマリンク 2017/07/09 22:53:35 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

7月幅下教室 午前の中級では、夏の野菜「ゴーヤ」に挑戦しました。

デジカメを忘れて、携帯で撮ったので写りが悪いです~。

上2枚の写真は、午後デジカメで写したのでキレイでしょ!


午後は、中級の人は「ゴーヤ」、初級の人は「かぼちゃ」に挑戦です。


立体的に見えるように描くのは、ちょっと難しいですね~。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 68 >>

2018年8月
 << <   > >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

キミ子方式では、赤・青・黄色の三原色と白色を混ぜて絵を描きます。 リンカク線で下書きしません。 描き始めの一点を決めてとなりとなりと描きます。 紙が足りなくなったら足し、余れば切り取って完成します。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution