ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 68 >>

鈴盛農園のカラフル人参

パーマリンク 2017/12/04 21:44:20 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

先日、参加させていただいた伝統野菜保存会総会で名刺交換した鈴盛農園の鈴木啓之さんに「まつな」と「渥美アールスメロン」の種子を送ったところ、なんと7色のカラフル人参が届きました!

土付きでしたので洗ってみると、それはそれは色鮮やか思わず「描きたい!」と。

夜遅かったので、いつものように時間をかけての写実的な描き方をせず、実際より小ぶりで可愛く描いてみました。

でも、それぞれ7色の人参の色合いと形は正確に心がけました。

オレンジと黄色人参はポッチャリで、白は頭が少し緑色、一番甘味の強い甘い黒人参は茎や葉っぱまで黒っぽいのです。
赤人参は少しスマートで、紫とベージュはほっそりスマートなんですよ~。


そして、今朝早くにその絵をお届けしました。
とても喜んでくださいました。

でも、私こそ「描きたい!」と思わせてくれたモデルをプレゼントしてくださって本当に感謝感謝です。



テレビ放映日の変更のお知らせ

パーマリンク 2017/11/24 23:24:13 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

テレビ放映日の変更がありましたので、ご連絡いたします。

12月10日(日)になりました!

テレビ取材を受けました。②

パーマリンク 2017/11/23 21:47:17 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

テレビ取材を受けました。②

申し訳ありませんでした。

このブログを見てくださっている方々が地元の愛知県だけではないことをすっかり忘れておりました。

本部からのハガキの裏に、全国放送のご案内がありましたのでアップさせていただきます。

テレビ取材を受けました。

パーマリンク 2017/11/23 01:16:53 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

テレビ取材を受けました。 といっても、私ではありませんよ~。

私が、趣味で絵を教えている「キミ子方式」です。

東京本部に、テレビ東京の「モヤモヤ さまぁ~ず2」が来られたそうです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ちなみに、ここ愛知県では「テレビ愛知」10チャンネル
放映日時は、案内と同じで、11月26日(日)18:30~20:00です!

(内容は、私も知らないので興味津々です~。)

あいち在来種保存会総会に招待される。

パーマリンク 2017/11/19 23:51:40 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

あいち在来種保存会は、私が絵を描いている「あいち伝統野菜」の保存会です。

嬉しいことに会長の高木幹夫氏から招待を受けて女房と出席して来ました。

高木さんからの依頼で、「縮緬南瓜」「早生ふき」の絵を、そして「まつな」「守口大根」の絵も持参したところ、会場に展示してくださいました。
(折角、展示していただいたのに写真を撮るのを忘れました。)

食事会の前に、志学館高校校歌「夢追人」作詞・作曲の飯尾歩さんのコンサートがあり、あの校歌ができた過程も伺うことができてとても良かったです。


続いて保存会の幹部の方々から挨拶があり、その後、私にマイクが・・・。

緊張してうまく話せませんでしたが、あいち伝統野菜35品目の絵を描き始めたきっかけや、エピソードなどをお伝えしました。

いよいよあいち伝統野菜が入った料理です。
今日のメニューはこちら


どの料理も、本当に美味しくいただきました。 

そして、総会に出席されている方々にご挨拶に回ったところ、こんなに多くの名刺をいただきました。
とても大切な宝物です。

生産者をはじめ野菜ソムリエ、フードコーディネイターなど様々な方々が伝統野菜を大切に育てていこうと思われているのだと感激しました。

また飲食店を経営されている方も何人もみえたので、是非お邪魔したいと思いました。

高木会長さん、お体を大切になさって、伝統野菜のために頑張ってください。
今日はご馳走になり本当にありがとうございました。

11月幅下教室

パーマリンク 2017/11/13 23:25:52 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

11月幅下教室は、先月から描き始めた年賀状の来年の干支「戌」の続きです。

一部の人は、豊橋の知人が送ってくれた「葉付きの次郎柿」を描きました。


やはり干支の戌の代表は、なんと言っても「張子の犬」ですよね!
でもその張子の犬に2種類あるのをご存知でしたか?

ひとつは、でんでん太鼓を担いでいるもの。
もうひとつは、編んだ竹篭をかぶっているもの。

でんでん太鼓は、赤ちゃんを喜ばす道具ですが、はて?「竹篭」は???

「竹」と書いた下に「犬」と書いくと、なんと「笑う」という文字になります。
楽しいことがありますようにという願いが込められているのですよ~。


張子の犬の他に、富山県五箇所村の和紙の犬もモデルになりました。
先回干支の犬を描いてしまった彼女は「紅葉(桜の葉っぱ)」を描きました。

モネの池

パーマリンク 2017/11/11 01:06:39 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

モネの池へ行く予定ではなかったのですが・・・・

女房も休みでしたし、お天気も良いとの予報、また紅葉の季節でもあり、新そばになっているのではないかという思いがふたりで一致。

お袋と3人でお出することにしました。

出かける直前のTVで、郡上八幡の紅葉が見ごろとのこと。
じゃあいつも行く岐阜の洞戸の蕎麦屋でなく、郡上でお蕎麦にしようか。

しかしあの美味しい蕎麦は譲れない。
電話して新そばになっていたらいつもの蕎麦屋にしようぜ。
「はい、新そばになってますよ!」
ならば蕎麦を食べた後、紅葉を見に郡上八幡へ行こう。

ほんのり紅葉しかけた山々を眺めながらドライブ。
到着してビックリ! 平日だというのに蕎麦屋さん満員で7組待ち。

写真を撮るのを忘れてしまったが、嬉しいことに天ぷらの一番上には「もみじの天ぷら」。
蕎麦の香りも良くやっぱりここにして正解!!

ところで、道中で前回来たときには無かった「モネの池めで○○キロ」の案内板。
TVや雑誌、海外にも知れ渡っているという凄い人気でとうとう案内板が設置。

前回「モネの池」を訪れたのは、2年前の冬、人気が出始めた頃。

久々に行ってみようと意見一致。
いやに車が多いなぁ~、ひょっとして?

びっくり!! 
なんと無かった駐車場が何と第3駐車場までできているではありませんか。
そこから裏道を通って「モネの池」に到着。


嬉しいことにもみじが綺麗に紅葉していました。

更に嬉しいことに、カメラを構えていると鯉が沢山集まってきてくれました。


すぐ隣にある花の農園の前には、あったかい善哉などを売るお店も。(前は無かった)

前回も、この農園で草花を購入したが、店主がとっても気持ちいい人で今回もいっぱい買ってしまった。

かくして郡上八幡でのお蕎麦や紅葉はなくなりましたが、三人とも満足して帰路に着きました。


招待をいただきました!

パーマリンク 2017/10/22 00:15:15 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

びっくりすることがありました!

何と、あいち伝統野菜保存会の会長さんから、「第4回 あいち在来種保存会総会」に招待をいただきました。

11月19日(日)
名古屋栄 東急REIホテル レストラン「ひしや」にて開催。
定員50名限定
料金8000円

会長さんとは、メールやFBでのやり取りだけで、実はお目にかかったことがないのです。
もちろんTVや雑誌によく載っておられるのでお顔は承知しています。

その総会のパンフレットに何と私が描いた伝統野菜「早生ふき」「八名丸里芋」「宮重大根」の絵が載っているので、またまたびっくり!!
宮重大根は、葉っぱがまだ描きかけなのです~~。


随分前に会長さんから、ネットでアップした絵を利用しても良いですか?と聞かれたので、どうぞどうぞ、とお答えはしましたが・・・。

さらに会長さんから、もうひとり招待しますので、どなたかとどうぞとのこと。

いつも伝統野菜を探したり頂いたりするときに、付き合ってくれている女房に即決!

とっても嬉しいことでワクワクなのですが、よく考えてみれば知ったひとはほとんどいないはずなので、緊張しますよね!


10月教室あちこち

パーマリンク 2017/10/21 23:39:58 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

私の気持ちに余裕が無いときは、よく分かるもので写真を撮っていないのです。

昨日1教室、今日2教室あったのですが、写真を撮ったのはお休みが多くて二人だけの教室だけでした。

その様子です。

年賀状に使えるように来年の干支「戌」を描いています。


みんなステキな年賀状ができると嬉しいですね~。

10月幅下教室

パーマリンク 2017/10/15 22:47:28 著者: satoma メール
カテゴリ: Uncategorized

10月の教室では、ちょっと早いですが「来年の干支を描こう!」がテーマです。

大抵1回では無理で2回つまり2ヶ月かかるので、今から始めることになります。

自宅や親戚、近所のワンちゃんの写真や民芸品などを参考にすることが多いです。

昨日の幅下教室では、ワンちゃんはいなくて皆さん民芸品でした。

人工物なので輪郭を描きますが、これがまた結構大変で時間もかかります。

そんな中、小学生の女の子が輪郭も描かずに、あっという間に描いてしまったのがこちらです。


もともとは、五箇山和紙の民芸品です。


和紙ですから毛並みは無いはずなのですが、本人「こちらのほうがフワフワしていい。」と描いていました。

周りの大人たちは、そのスピードと思い切りの良さにビックリ!!

「わたしもその民芸品にすればよかったな~。」と大人たち。

時間があったので、プリンターを自宅に取りに帰って、早速印刷してプレゼント!

本人、大喜びでした~~~。



<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 68 >>

2018年5月
 << <   > >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

キミ子方式では、赤・青・黄色の三原色と白色を混ぜて絵を描きます。 リンカク線で下書きしません。 描き始めの一点を決めてとなりとなりと描きます。 紙が足りなくなったら足し、余れば切り取って完成します。

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution